【TwitFi】OpenSeaでの買い方|良質な鳥NFTのお得な購入方法

2023年1月11日

TwitFiをOpenSeaで買う
コマル
TwitFiの鳥NFTを少し安く買う方法って無いんでしょうか。

    

私も気になってました・・rare egg をアプリから何個も買う余裕がなくて
コマリ

   

SHIN
ですよね!では今回はこのあたりの解説をしていきます!

   

2022/12/18 から始まったTweet するだけで稼げるTweet to Earn のゲームジャンルのTwitFi

今回はお得にOpenSeaから鳥NFTを買う方法を紹介します。

   

日々TwitFi(ツイートファイ)プレイヤーが増えていきます!

それもそのはず、なんとツイッターでTweetするだけで稼げてしまう。

こんな感じで稼げてしまうんだからびっくり!

  

筆者も現在6羽の鳥さんたちが日々稼いでくれています。

レベルDのハトさんが1羽いるので現在は1680TWT稼げています。

日本円にすると、1日あたり約3500円!!

  

鳥さんが多ければ多いほど稼げるTWTは多くなります。

    

夢のあるゲームですね!

   

きょ、興味持ったけどどうやって始めるの?

という方は以下の記事をチェックしてみてくださいね!

   

あ、ちなみに 【何とか】 to Earn というジャンルを、GameFi といいます。

一時期話題になったSTEPN は、歩いて稼ぐので「Move to Earn」

TwitFi はツイートして稼ぐので「Tweet to Earn」と言います。

ちょっと話がそれましたが...

   

とにかく鳥NFTを増やせば増やすほど一気に稼げる仮想通貨のTWTは大きくなります。

(ただし、最大10体まで)

   

でも公式からだと、一体1万7千円(2023/1/8現在:0.098ETH)くらいするので「もうちょと安く買える方法はないものか。」と思いますよね。

  

あるんです。

   

それがOpenSeaからの購入する方法です。

現時点では、公式でRare Eggを買うよりOpenSeaで鳥NFTを買った方が安い場合が多いです。

  

今回はその具体的なTwitFiのOpenSeaでの鳥NFTの買い方を解説しますね。

  

内容は以下の通り。

  • TwitFiのOpenSeaで買うためのお得な鳥NFTの見分け方
  • TwitFiのOpenSeaで買うことのメリット・デメリット
  • TwitFiのOpenSeaでの買い方手順詳細
  • OpenSeaでの鳥NFTのその他ステータスについて
  • OpenSea での買い方に関する質問【Q&A】

それでは順番に解説していきます。

     

TwitFi を楽しむにはまずは、仮想通貨での口座開設が必要。

口座開設するなら、bitFlyer が手数料が安くておすすめですよ!

【重要】手数料についてのご案内

仮想通貨を「販売所」で買うのはやめましょう。

最大5%の大損失になってしまいます。

(例:4万円分で2,000円の損 ※通貨を円に戻す時も同様)

人気のコインチェックでは、仮想通貨イーサリアムが「販売所」のみなんです・・。

また、コインチェックは4万円引き出し時に2000円程度の手数料が必要。

損失を防ぐためにも、bitFlyer(ビットフライヤー)の「取引所」を使うことをおすすめします。

   

\当ブログ限定/

bitFlyerに登録してみる

今だけ口座開設だけで2500円分のビットコイン貰える

       

    

(目次から好きな場所をリンクして移動できます)

TwitFi Opensea でのお得な鳥NFTの見分け方

   

ひよこ(Chick)以上の鳥NFTを買うには今のところ以下の3パターンで購入可能です。

  • 公式からレアエッグを購入
  • OpenSeaの二次流通(TwitFiで使ってた鳥を転売すること)で購入
  • レベルC以上の鳥を2羽育ててから公式でEpic Egg を購入

   

レベルCの鳥を2羽育てるのは時間がかかるので、まずは公式からレアエッグを購入する方がお得か、OpenSeaで買った方がお得かを見極める必要があります。

  

どちらがお得なのでしょうか。

結論から言うと「今のところ」OpenSeaの方がお得です。

ただし、OpenSeaの鳥もTwitFi人気の加速によって徐々にフロア価格(OpenSeaで売られている最低値段)が上がりつつあります。

   

なので、今後も見据えた「どちらで購入するほうが得か?」の判断方法を紹介します。

  

現状のレアエッグの価格を確認する

   

まずは、公式( https://app.twitfi.com/ ) でRare Egg がいくらで売られているかを確認します。

Market⇒Eggから確認ができます。

TwitFi公式のRare Eggの価格

2023/1/11現在はTwitFiゲーム内では、0.098ETHで売られています。

現在Sale中ということで、今のところこの値段でずっと売られ続けています。

  

まずはこの、0.098ETHというのが比較対象の価格となります。

ただし、通常は一定量買われるごとに値段が徐々に上がっていく方式。

  

今後はどのようになるのでしょうか・・。

   

OpenSea にアクセスする

   

次に、OpenSeaで鳥NFTの価格を確認します。

>>TwitFiのOpenSeaはこちらから

(日本語版)

  

すると以下のような画面が表示されます。

これは、2023/1/11時点のものなので日付が近い場合は大きくかわっていないことを確認してください!

  

このページから次にフィルタリング機能を使って少しでも良い鳥NFTを確認します。

(右側のサイドバーの一覧)

フィルタリングする対象は「Tweet Count」「Virus Infection」「Egg Minted」の3種類です。

どのように確認するかを順番に見ていきましょう。

  

そもそもOpenSeaって何?

という方は以下の記事も参考にしてくださいね!

   

鳥NFTのウイルスにかかっている回数を確認する

   

まずは売られている鳥NFTのウイルスに感染した回数を確認します。

   

ウイルスにかかると以下のように20個あるウイルスのメモリが1つ追加されます。

20回ウイルスにかかると鳥が消滅してしまうため、安値で売られていてもウイルスにかなりかかっていたりするとあまりお得感がありません。

   

まずはウイルスにできる限りかかっていない鳥NFTを購入しましょう。

以下のように「Virus Infection」をクリックして左と右の数値の入力欄に両方「0」を入れます。

するとOpenSeaの一覧に、ウイルスに無感染の鳥だけが出てきます。

   

鳥NFTのツイート数を確認する

  

さらに鳥NFTのツイート数を確認しましょう。

以下のステータスを確認すると今何回ツイートしているかが確認できます。

  

ウイルスにかかる可能性はツイートした数によってかわってきます。

ツイート数ウイルスに感染する可能性
1 - 992%
100 - 2994%
300 - 5996%
600 - 99910%
1,000 - 1,49920%
1,500 -40%

​ツイートすればするほど感染確率は高くなるのでできるだけウイルスにかからないようにするには少しでもTweet Count が少ない鳥を選ぶ必要があります。

   

以下のように、0-50くらいから確認すると良いでしょう。

  

鳥NFTの価格を確認する

 

つぎに、絞り込まれた鳥NFTから一番安い鳥を購入します。

ひよこであれば安く購入ができます。(2023/1/10現在)

   

Eggのミント数をチェック(レベルC以上)

  

さらにレベルC以上の鳥を購入する場合は、Eggを今まで何回ミントしているかについても確認をしましょう。

レベルE,Dを購入する場合はそもそもEggをMintできないので気にしなくてもいいですが、最大3回までミントできるのでできればミント数0のものを選びましょう。

  

また、レベルC以上の鳥にするには、9500TWTが必要です。レベルアップに必要な9500TWTをETHに換算した額+公式で売られている額(0.098ETH)の価格より安ければ買いかなという判断をすると良いです。

    

TwitFi OpenSea で買うことのメリット・デメリット

TwitFiをOpenSeaで買うメリット・デメリット

   

OpenSeaで買うことのメリットとデメリットを再度確認しておきましょう。

メリット

  • 安く購入できる
  • 確実にどの鳥なのかがわかる

デメリット

  • インポートしてすぐはツイート数がゼロ
  • ツイート数が0から始められない

順番に解説します。

  

安く購入できる

   

まず何といっても安い価格で売られていますので現在の公式TwitFi(https://app.twitfi.com/)よりも安く買える場合が多いです。(2023/1/10現在)

その分原資回収もしやすいメリットがあり初期投資が少なく済むので少額投資で遊びたい方にはOpenSeaをまずチェックすることをおすすめします。

  

確実にどの鳥なのかがわかる

    

どうしてもSwanの鳥を育てたいときは、少し高くてもOpenSeaから購入すれば引き当てることができます。

Swanを引き当てる可能性は、Rare Eggではわずか、「1%」

Epic Eggでも「30%」なので「どうしてもSwanが欲しい!」ということであればOpenSeaから購入してみるというのも一つの手です。

  

インポートしてすぐはツイート数が0

   

インポートしてすぐの場合はツイート数がゼロになってしまいます。

通常レアエッグを購入するとすぐにツイートできる数は4あるのですが、これがゼロ。

レベルEであれば、6時間経過すると1ツイートできるようになるので少し我慢しないといけないのがデメリットです。

  

ただ、単に待つということ以外は何も変わらないので気長な人はとくにデメリットにならないですねw

  

ツイート数が0から始められない

    

OpenSeaからの購入なので、他の人がTwitFiである程度遊んでから売っているケースが多いです。

なので、ツイートカウントも当然ゼロではありません。

   

Rare Eggを公式で購入したらツイートカウントがゼロから始められて100ツイートまではウイルスの感染リスクが2%なのでこの間は低リスクでゲームを楽しめます。

   

ところが、OpenSeaから購入した鳥NFTが50ツイート既にしていたとすると、感染リスク2%でツイートできるのがあと50回になってしまいます。

ウイルスにかかる可能性はツイートした数によってかわってきます。

ツイート数ウイルスに感染する可能性
1 - 992%
100 - 2994%
300 - 5996%
600 - 99910%
1,000 - 1,49920%
1,500 -40%

   

ただし、それでも格安で鳥NFTは魅力的です。

「安く買ってもあと50回も低リスクでツイートできる!」という考え方もあるので、資金に余裕がない方はいずれにせよおすすめであることは間違いありませんね。

  

TwitFiのOpenSeaでの買い方手順詳細

   

それではOpenSeaからTwitFiの鳥NFTを購入する手順を以下に示します。

  • bitFlyerで口座開設してイーサリアムを購入する
  • MetaMaskを作成してイーサリアムを送金する
  • OpenSeaからお得な鳥NFTを探して購入
  • TwiFiのゲーム内で鳥NFTをインポートする
  • 追加されたことを確認する

順番に解説していきます。

  

※口座開設、メタマスク作成済みの方はここから「OpenSeaからお得な鳥NFTを探して購入」へジャンプ

   

bitFlyer で口座開設してイーサリアムを購入

    

まずは仮想通貨を持っておく必要があります。

口座開設は初心者の私でも簡単にできた「ビットフライヤー」がおすすめです!

    

まずは以下からbitFlyerに登録してみてくださいね♪

   

\当ブログ限定/

bitFlyerに登録してみる

口座開設だけで2500円分のビットコイン貰える

       

     

口座開設ができたらイーサリアムを購入しましょう。

    

イーサリアムはビットフライヤーから簡単に購入できます。

購入方法は以下の記事を参考にしてくださいね!

   

MetaMaskを作成してイーサリアムを送金

    

次に、仮想通貨の「お財布」であるメタマスク(MetaMask)を作成する必要があります。

   

MetaMaskは、「https://metamask.io/」からインストールできます。

   

MetaMaskの作成方法の詳細は以下の記事を参考にしてくださいね!

     

作成したらbitFlyerからイーサリアムを送金します。

  • 左の画面から【仮想通貨】をタップします。
  • 真ん中の画面から【入出金】をタップします。
  • 右の画面から【イーサ】をタップします。
bitFlyerの送金①

    

外部アドレスの登録の手続きを行います。

  • 左の画面から【出金】をタップします。
  • 真ん中の画面から【外部イーサアドレス登録】をタップします。
  • メールが来るので左の画面のリンクをタップします。
bitFlyerの送金②

   

メタマスクのウォレットアドレスをbitFlyerに登録します。

  • 左の画面のメタマスクを開いて【ウォレットアドレス】の部分をタップするとコピーされます。
  • bitFlyerの右の画面の【ラベル】に「メタマスク」など任意の文字列を入力します。
  • bitFlyerの右の画面の【イーサアドレス】に先ほどコピーしたアドレスを張り付けします。

     

登録したメタマスクアドレスへイーサリアムを送金します。

  • 左の画面から登録した【メタマスク】のアドレスを選びます。
  • 右の画面から【出金数量(ETH)】を入力します。
bitFlyerの送金④

    

これでメタマスク(MetaMask)への送金は完了です。

   

Opensea からお得な鳥NFT を探して購入

    

先ほどのお得な鳥NFTの購入方法の通り確認してOpenSeaから購入します。

>>TwitFiのOpenSeaはこちらから

確認ポイントは以下の3つです。

  • Tweet Count
  • Virus Infection
  • Egg Minted

  

ツイートカウントの確認

Tweet Count は、0~50くらいの鳥を選ぶようにしましょう。

   

ウイルス感染回数の確認

Virus Infection は、極力0の鳥、なければ1の鳥を選ぶようにしましょう。

   

Epic Eggのmint回数の確認

レベルC以上の鳥を買う場合は、Mint回数0の鳥を購入するようにしましょう。

レベルE、DであればMintできないので気にする必要ありません。

   

TwiFiの公式サイトと価格の比較

OpenSeaに表示されている鳥NFTが、TwitFi公式「https://app.twitfi.com/」のMarketのRare Eggの価格より安いか比較してみます。

2023/1/11現在では公式で、0.098ETHで売られていますのでこの値段以下でOpenSeaで売られているとお得感があります。

  

目安としては、0.08ETHくらいまでならOpenSeaで買いではないでしょうか。

  

アプリにインポートする

   

OpenSeaで購入した鳥NFTはMetaMask上の一つのNFTとして存在しているだけなのでまだ使えません。

  

鳥NFTに稼いでもらうにはTwitFiサイト内にインポートする必要があります。

  

まずは、MetaMaskのブラウザから「https://app.twitfi.com/」へアクセスします。

  

Homeの鳥NFTの一覧の一番下に「+Import Birds」という場所をタップします。

   

するとImportしたい鳥NFTが出てくるので鳥NFT自体をタップ(複数いる場合は選んでタップ)して、「Confirmボタン」をクリックします

   

すると一覧に追加されますので、次のツイートから仮想通貨のTWTを稼ぐことができます。

現在筆者も6羽体制で運用中!

  

TwitFiのOpenSeaでの鳥NFTのその他ステータスについて

  

冒頭の「OpenSeaでのお得な鳥NFTの見分け方」では、「Tweet Count」「Virus Infection」「Egg Minted」のステータスを確認しました。

   

これら以外にどのようなステータスがあるのかチェックしてみましょう。

  

BIRDSONG

  

鳥NFTはバードソングというステータスがあって、以下の2つに分類されます。

  • Chirp(チュウチュウなく)
  • Singing(歌う)

まだ具体的な機能としては実装されていませんが、今後何か新たな機能追加がある可能性があります。

自分のアプリ内でどちらのステータスかを確認することはできませんが、OpenSea内にいるNFTは確認可能です。

圧倒的にChirpが多く。Singingはレアでした。

   

GENDER

  

こちらは性別のステータスです。

  • Male(オス)
  • Female(メス)

このステータスに紐づいた機能もまだありませんでした。

オスもメスも約同数程度いたのでだいたい半々のイメージです。

   

HABITAT

    

生息地です。

このステータスは3種類ありました。

  • Garden
  • Park
  • Forest

こちらのステータスに基づく機能もまだ実装されていません。

今後なにかしらの機能として実現するのでしょうか・・。

全体的にはGardenが60%、Parkが30%、Forestが10%程度という割合でした。

  

今後のアプリのアップデートにより機能追加されるとますます楽しみが増えますね!

  

LEVEL

   

レベルで、E~Aがあります。

これはこれまでも紹介してきた通り実装されている機能です。

レベルが上がると主に以下の能力が変わってきます。

  • ツイートするためのFeedBoxの回復時間の速さ
  • 稼げるTWTの額
  • レベルC以上はEpic EggをMintできる

    

なお稼ぎ方の詳細については以下の記事もチェックしてくださいね!

   

QUALITY

クオリティは以下の3つです。

  • Rare
  • Common
  • Epic

どの卵から孵化したかの、卵の種類ですね。

    

TwitFiのOpenSea での買い方に関する質問【Q&A】

   

それではOpenSeaからTwitFiでNFTを買う時のQ&Aを紹介します。

   

似たようなTwitFi のサイトがあるけどどこでもいいの?

  

これは似たようなサイトはNGです。

サイトでの取引などが多くなってくるとかならず詐欺サイトのようなものが出てきます。

    

必ず以下のアドレスからアクセスしましょう。

https://opensea.io/ja/collection/twitfi-official

   

また公式のツイッターも同じです。

    

以下のアカウント以外は基本詐欺と判断しましょう。

@TwitFi_official

  

またツイッターの公式アカウントは基本的に新たな情報を流すときは英語です。

「でも英語苦手だしな・・」

という方はこの際、英会話の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

筆者は、英語がほとんど話せない状態からの2年間1000回以上レッスンを受けて英語がかなり話せるようになりました!

TOEICの点数も400点上がりました!!

  

気になる方は以下の記事もチェックしてみてくださいね!

   

アイテムNFTはOpenSeaで買った方がお得なの?

   

ETHと、TWTの価格が常に変動するため簡単に比較するのは少し難しいですが、アイテムによって変わります。

    

2023/1/11時点では、金の嘴はまだあまり需要がないのか、安値で売られていることが多いです。

   

ですが・・

レベル上げの日数をへらすことができるBeansは需要があります。

また鳥1羽バーンさせなければ手に入れられないので高値で売られています。

   

Piegionや、Swanは高いけどOpenSeaで買わない方がいい?

   

これも価格次第です。

Swanは高いですが、かなり稼いでくれます。

   

しかもレベルが高いものほど大きく稼いでくれるのでこれまでどおり

「ウイルスに感染した回数」「ツイート数」「Egg Mintedの数」を確認した上で購入するのが良いでしょう。

  

Piegionであれば稀にrare eggより安い価格もありますが、基本は高値です。

  

ガス代ってどの時間帯が安いの?

  

OpenSeaで購入する際に気になるのがガス代(取引時のネットワーク手数料)ですよね!

これは、朝一の7~8時、または午前中あたりが安いです。

  

時間帯によってはめちゃくちゃ高い・・ということもありえるのでその場合は少し待った方がいいかもしれません。

  

また、土曜や日曜は企業などが休みのところが多いのでそこも安めですね。

   

TwitFiのOpenSeaでの買い方まとめ

    

今回はTwitFiの鳥NFTのOpeSeaでお得に買う方法を紹介しました。

OpeanSeaからTwitFiの鳥NFTを買う際のポイントを再度まとめておきます。

ポイントまとめ

  • OpenSea(https://opensea.io/ja/collection/twitfi-official)で以下のステータスを確認
    • 「Tweet Count」(ツイート回数:50回以下がおすすめ)
    • 「Virus Infection」(ウイルス感染回数:0回がおすすめ)
    • 「Egg Minted」(卵のミント回数:0回がおすすめ)
  • 公式(app.twitfi.com)のレアエッグの価格を確認する
  • 比較して安い方から買うようにする

  

ただし、TwitFiは今後確実にさらに流行りそうな気配がむんむんしているため、いずれはOpeSeaのフロア価格が上がる可能性があるので、公式サイトで売られているRare Eggの価格と比較して購入するようにしましょう!

  

またこの機会にNFTを勉強してみたい!

というかたは以下の記事もチェックしてみてくださいね♪

   

SHIN
それではまた!

※もしよければこちらをポチっとしてください!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

-NFT, 仮想通貨